えいゆう設計工務では、お客様の健康を第一に、真剣に家づくりをしています。モデルハウスもぜひご体験下さい。

お電話でのご予約・お問い合わせ

0120-097-750

家づくりに関するお問い合わせ
コンタクトフォーム
無料個別コンサルティング
申し込みフォーム
HOME > えいゆうの家づくり > 良い家・良い住まいとは

良い家・良い住まいとは

001ne

お客様にとって一番大きな買物であり、またそこに住む人の人生をも左右してしまう家づくり。
土地を決め、そこでの長年の生活をより良いものにするための装置であり、舞台であり、拠点であるのが家です。
家づくりとは、間取りから始まって、デザイン、素材、工法等々、様々な経緯を得て一つの家として形成されます。
このうち間取りやデザインは、お施主様のライフスタイルや家族構成・趣味嗜好・土地の形状などにより千差万別で、『個性』が表れるところです。
他方、何を使ってどう建てるかといった『素材・工法』は、住まいの『性能』が表れるところです。
現在、世の中には色々な工法、素材があります。
どんな工法が最適なのだろう?どんな素材が住みごこちが良いのだろう?と色々模索した中で、現在一番優れているものを自信を持って提供させて頂いているわけですが、その中で一番大切なキーワードが健康住宅と言う定義です。

 

一般的に健康住宅と言うと、ほとんどの人がバリアフリーとか自然素材(無垢材、珪藻土)を思い起こされるのではないでしょうか?
確かに、この二つは重要なポイントです。
しかしこの二つをクリアするだけでは健康住宅とは言えません。
その家に居るだけでリラックスできる、体調が良くなる、アトピー、アレルギー反応が出なくなる、孫・子の代まで安心して住める・・・そんな家に住みたいと思いませんか?
これが私たちの求める健康住宅の定義『長年にわたって健康にお住まいいただける住まい』です。

 

「シックハウスシンドローム」という言葉が言われだしてから久しくなります。
せっかく家を新築したのに、建材や壁紙用の糊に含まれるホルマリンをはじめとする化学物質のせいで、そこに住む家族がアレルギーなどの病気になったり体調を崩したりすることが起こるところから、 “病気を作る家症候群”という意味でシックハウスシンドロームと名づけられました。
せっかく多額のお金をかけて家を建てたのに病気になるのですから、これは本当に悲しい問題です。
しかも、シックハウスなんて今まで気にしてなかった人が、住み始めてからシックハウス症候群の症状が出る事もあり、こうなると手に負えません。
国もそうした現状に対処するべく、新たな基準を作っています。その一つが「24時間換気」です。
ある意味、「家の中の空気が悪いので、換気してください」というのを明言しているような物です。
建材にも「ホルムアルデヒドを発生しない建材の使用」などの基準が作られましたが、
まだまだシックハウスという言葉が消えていないのは、完全ではないと言わざるをえません。 

 

また近年は『気温差』が健康に及ぼす影響についても研究が進んできました。
冬場に暖かい部屋から寒い風呂場などへ移動したとき等に起こるヒートショックは、メディアで報じられご存知の方も多いと思います。
このヒートショックだけでなく、普段の日常生活中における気温差が健康に影響することもわかってきました。

 

そして『家』自体が健康であること=長持ちし、劣化・変質しにくいことは、ひいては住まわれる人の健康を維持することにつながります。
汚れがつきにくい、結露・カビが発生しにくい、臭いが出ない、それがずっと当たり前であること。

 

 

私たちはこれこそがこれからの本当の健康住宅であると確信し真剣に取り組んでおります。

 

 

Copyright © AU SEKKEI All rights Reserved.