えいゆう設計工務では、お客様の健康を第一に、真剣に家づくりをしています。モデルハウスもぜひご体験下さい。

お電話でのご予約・お問い合わせ

0120-097-750

家づくりに関するお問い合わせ
コンタクトフォーム
無料個別コンサルティング
申し込みフォーム
HOME > えいゆうの家づくり > 日本の住宅の現状とは

日本の住宅の現状とは

日本の住宅町並み2-1

家を建てられる方の多くが20年、30年といった住宅ローンをご利用になられると思います。
『フラット35』で35年のローンを組まれる方もいらしゃっるのではないでしょうか。
この何十年という支払いをする対象である家、その寿命をご存知でしょうか。

 

戦後に日本で建てられた木造住宅の寿命は、国土交通省の統計データで凡そ26年、その他のデータを見ても概ね30年程度となっています。
ちなみに他の先進国の住宅の寿命は アメリカ・60年、ドイツ・80年、イギリス・100年と日本の2~3倍です。

 

「ローンが終わる前に家の寿命が来るの?!」

 

ローンが終わる前に、あるいは終わって間もなく建替えが必要になる・・・なぜこんなことが起こるのでしょうか。

 

その原因として挙げられるのは『高温多湿』な日本の環境です。
先述のドイツやイギリスに比べて日本は気温や湿度が高く、工法や材料でしっかりした対策をとらないと壁の中が結露する『壁体内結露』によって「家が腐る」ため、長持ちしないのです。
またデザインやコストダウン、未熟な職人さんでも工期を短縮できることを優先して、多くの化学化合物を使った工業化製品を使用していることも一因です。

 

坪単価○万円という価格を前面に出し、安さだけを追求するローコスト住宅が数多く販売されていますが、仮に25年で建替えなければならないとすると、子や孫に受け継ぐ100年の間に4回の建替えが必要となり、建築費用だけでも6,000万円を超える試算となります。メンテナンス費用や仮住まいの費用、断熱性能の違いからくる光熱費の差額を考慮すると、1億円近くの投資になってしまいます。
一方で100年の寿命をもつ低燃費な住宅を建てた場合、前述の同条件でおおよそ6,000万円程度の試算となります。

 

002

 

 

 

Copyright © AU SEKKEI All rights Reserved.