えいゆう設計工務では、お客様の健康を第一に、真剣に家づくりをしています。モデルハウスもぜひご体験下さい。

お電話でのご予約・お問い合わせ

0120-097-750

家づくりに関するお問い合わせ
コンタクトフォーム
無料個別コンサルティング
申し込みフォーム
HOME > プロたちの知恵袋 > 最旬、小話 > 友人のYさんのお悩み

友人のYさんのお悩み

2017-02-17

友人のYさんは、2年前に鉄筋コンクリート造の集合住宅から木造の広い一戸建てに引っ越しました。

郊外に建つそのお家は、敷地を目いっぱい活用するために、お隣さんとの間隔が狭くなっています(もちろん法律は守られています)。

冬のおわり

今年の冬、Yさんにはお悩みがありました。

『今まではなったことがなかったんだけど、今年は”しもやけ”と”あかぎれ”に悩んでて・・・』

あまりに症状がひどくて痛みがあるので、皮膚科を受診もしたそうです。

するとそこで言われたのは、『保湿』と『血行不良』の改善でした。

Yさんは、もともと冷え性で、家の中でもスキー用の靴下を履いているほどでした。しかしそれでも、今年のようなひどいしもやけにはなったことがなかったのです。

水分と油分は足りていますか?と聞かれましたが、食事の内容は変わっていません。

運動量も大きく変わってはいません。むしろお家が大きくなった分、すこし運動は増えたかもしれません。

思い当たる原因は・・・

そう考えて、Yさんが思い当たったのは『家の中が寒いと感じることが多くなった』ことでした。

 

以前は5階建ての3階、それも両隣に住居があるお住まいでした。

その頃に比べて、足元が寒い・すきま風が寒い、と感じることが増えたそうなのです。

このことと、しもやけには関係があるのか・・・?

 

結果は、次回に!

Copyright © AU SEKKEI All rights Reserved.