えいゆう設計工務では、お客様の健康を第一に、真剣に家づくりをしています。モデルハウスもぜひご体験下さい。

お電話でのご予約・お問い合わせ

0120-097-750

家づくりに関するお問い合わせ
コンタクトフォーム
無料個別コンサルティング
申し込みフォーム
HOME > プロたちの知恵袋 > 構造、材料、技術 > シロアリとクロアリで異なる対処法

シロアリとクロアリで異なる対処法

2016-06-22

こんにちは、先日以前に建てさせていただいたお客様より問い合わせがあり

「家の中にアリがいてるのですが駆除の方法何かありませんか?」との事でした。

以前にも何度か他のお客様からも問い合わせがあったので少し紹介させていただきます。

 

アリも種類によってバラバラなのですが大体暖かくなる春先から初冬まで活動するそうで、4月から7月頃が一番活発に活動するので見かける事も多いそうです。

アリには大きく分けてシロアリとクロアリがいるのですが同じアリでも全然別の種類でシロアリの祖先はゴキブリ、クロアリの祖先はハチとなっています。

それぞれ食べるものも違いシロアリは主に木、クロアリは雑食でたんぱく質や糖質になり人間の皮脂や食べカスなどもエサになります。

シロアリは構造などを食べるので建物に被害をもたらしますがクロアリは家自体には被害を及ぼさないのですが人を刺し皮膚の弱い方は腫れたりするそうです。

駆除の方法ですが、もしシロアリを発見した場合はとりあえず業者に状況確認してもらい対応した方が良いと思います。

白蟻

公益社団法人 日本しろあり対策協会より抜粋

クロアリの場合は一度市販の薬剤で良いので家の外周に散布していただき様子を見ていただくのが良いかと思います。

また、両方のアリ共に羽アリがいるのですが、普通のアリは色でどちらか判断できますが羽アリは見分けが付きにくいので業者に判断していただいた方が良いかと思います。

弊社のお客様が見かけたのはクロアリだったので市販の薬を試して下さいと回答させていただきましたが、クロアリにしても早い対応しておくことに越したことはありませんので見かけた際は問い合わせいただければと思います。

Copyright © AU SEKKEI All rights Reserved.