えいゆう設計工務では、お客様の健康を第一に、真剣に家づくりをしています。モデルハウスもぜひご体験下さい。

お電話でのご予約・お問い合わせ

0120-097-750

家づくりに関するお問い合わせ
コンタクトフォーム
無料個別コンサルティング
申し込みフォーム
HOME > プロたちの知恵袋 > 快適空間の工夫 > お家づくりの快適寸法と高さ

お家づくりの快適寸法と高さ

2016-09-16

新築やリフォームを計画される際に、キッチンやユニットバス、洗面台やトイレなどの設備機器や、家具などをショールームに見に行かれる方も多いと思います。

その際に改めて気になるのが『高さ』『大きさ』です。162728

フルオーダーする製品もありますが、多くの場合はコストパフォーマンスの観点からも規格を決めて生産されています。

 

例えば洗面台は、多くの製品がボウル部分までの高さが75cmです。

この高さは身長155cmくらいの人に使いやすい高さと言われています。

同じように、キッチンの天板の高さも85cmの製品が多くあります。

キッチンの高さは、身長÷2+5cmが使いやすいと言われています。これはほぼ肘を90度に曲げた時の高さです。

また車いすをご利用の方には、もう少し低く足元が開いていて、足が入る形状のものがおススメです。

キッチンや洗面台は、台輪と呼ばれる足元の部分で高さの調整が出来る製品もありますので、ご検討の際にはご相談下さいね。

 

ダイニングテーブルや学習机も、高さ75cmの高さが一般的です。

椅子の座面の一般的な高さは45cm。

畳コーナーなどを高くされる場合には、腰かける高さの参考になさって下さい。

ただし、階段の1段の高さは23cm以下で、45cmの段差を作られる場合は直接上がり降りするのは困難と思われますので、1段または2段の踏み台を設けられるのがおススメです。

 

近年は日本人の平均身長も高くなる傾向にありますし、実際にお選びになる際には使い方を含めてじっくり検討なさって下さいね!

Copyright © AU SEKKEI All rights Reserved.